タイムレコーダーの導入に向けて社内でやっておきたいことは?


人事や事務の担当者にとって扱いやすい製品を選ぼう

タイムレコーダーは、一人ひとりの社員の勤怠管理を厳格に行う上で必須のツールの一つであり、業種や事業規模、社員数などにかかわらず全国の多くの事業所内で使用されています。そうした中、現場にタイムレコーダーを導入するにあたっては、実際に勤怠管理に携わる人事や事務の担当者にとって扱いやすい製品を選択することがとても重要です。また、経営者や幹部の独断ではなく、早いうちから現場の担当者にヒアリングやアンケートを行って、長く使えそうな製品を見つけることがポイントです。なお、タイムレコーダーの操作のしやすさや、時刻の正確性にこだわるうえで、余裕を持って開発元のメーカーの窓口へ直接相談をするのも良いでしょう。

スマホで簡単操作できる新しいタイムレコーダーも人気

昔ながらの設置型のタイムレコーダーではなく、スマホで簡単に操作が可能なタイムレコーダーのアプリは、若手社員の数が多い企業を中心に需要が高まっています。こうしたアプリを導入することで、毎月の勤怠管理に掛かるコストを安く抑えられるのはもちろんのこと、それぞれの社員の負担を軽減できるといったメリットが期待できます。タイムレコーダーのアプリに備わっている機能は、出退勤の打刻だけでなく、給与計算や有給休暇の管理など様々なものがあります。そこで、理想的なタイムレコーダーのアプリを採用するにあたって、多くの企業で選ばれているアプリの毎月の利用料金の相場を把握したり、トラブル発生時の対応について調べたりすることが肝心です。

タイムレコーダーは、出勤と退社の時刻を正確に把握する他、人事や総務の担当者の負担を軽減するツールとして広く普及しています。

Related Posts

© 2022 Services Automation - All Rights Reserved.