倉庫は買うか借りるかの二択!それぞれのメリットやデメリットについて


倉庫を利用するときは購入するか借りるかを決める

在庫商品やいま使わない備品など、物品を管理する倉庫の利用を検討している方もいるかも知れません。倉庫を利用するときは、購入するか借りるか、どちらにしようか迷うこともこれから出てくるでしょう。そんなときは、倉庫を購入した場合と借りた場合と、それぞれのメリットやデメリットをよく知ることが大切です。そうすると、置いておく荷物の種類や、物品管理の目的に合った倉庫を上手に利用することができます。

倉庫を購入するメリットやデメリットとは

倉庫を購入すると購入代金の初期費用はかかりますが、毎月の賃料を払う必要がないので経費が節約できるというメリットがあります。そして、購入することによって資産運用や不動産担保として活用できます。倉庫を購入するデメリットは、倉庫の規模によって初期費用が高額になることもあります。費用をかけて規模の大きい倉庫を購入したとしても、荷物の変動により、スペースが無駄になることもあるかもしれません。そんな状態でも維持管理費のコストがかかることもあるため、保管する荷物の管理目的を明確にし、条件に合う倉庫を購入するようにしましょう。

倉庫を借りるときのメリットやデメリットについて

賃貸倉庫を借りるメリットは、購入代金や設置工事代金などの初期費用をかけずに荷物を預けられるところです。そして、物品を預ける必要がなくなったらすぐに退去することができます。また新たに保管したい荷物が出てくれば、再度契約して預けられるので使い勝手が良いです。倉庫を借りるデメリットは、倉庫の運営会社により、利用制限があることです。たとえば、使えない曜日や時間帯があったり、預けられない物品の種類があることもあります。借りる倉庫の利用ルールをよくチェックしてから契約するようにしましょう。

3PLは企業や団体の物流部門を第三者に委託する業務形態です。物流に関する施設や車両などの維持費を削減できるので、運営コストを抑えるのに効果的です。

Related Posts

© 2022 Services Automation - All Rights Reserved.