注目が高まる太陽光発電!導入するメリットを知る


電気代を安く抑えられる

少し前から、太陽光発電の注目が高まっていますが、実際に導入するとなると悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。安心して導入するためには、そのメリットを知っておくことが大切です。メリットでは、まず日々の電気代が安くなるということがあげられます。システムを導入すれば自家発電ができますので、発電した電気を使えばその分日々の電気代は安くなります。太陽光発電には、石油などの燃料も必要なく自然の恵みである太陽光を活かすことができます。発電にかかる燃料の消費を抑えることができますし、温室効果ガスの発生もなく環境に優しいことも良いところです。発電した電気をすべて使いきれないこともありますが、余った電気は売電して収入を得ることもできます。

災害時の停電にも対応できる

日本は台風や地震などの自然災害が多い国ですが、災害時には停電になることも珍しくありません。長時間、電気が使えなくなることはかなり不便ですが、太陽光発電を導入すれば停電時にも電気を使えるようになります。停電時には、パワーコンディショナーなどを操作すれば、手動で自立運転に切り替えることができます。そうすれば、非常用のコンセントから電力を使えるようになります。この場合も、夜は発電できないこともあり、夜間は電気を使うことはできません。蓄電池と組み合わせておけば昼間に発電した電気を蓄えることができるので、夜間も電気を使えるようになります。よりしっかりと災害対策をするなら、太陽光発電システムだけではなく蓄電池も合わせて導入することを考えてみましょう。

太陽光発電の価格は設置する人にとって大きな負担です。しかし、補助金などを組み合わせることで安くすることも可能です。

Related Posts

© 2021 Services Automation - All Rights Reserved.