事前の確認は大事!倉庫を利用するために必要な手続きと準備


契約前に済ませておく準備

自宅や企業のオフィスで日常的に使わない物を一時的に預ける目的で倉庫を利用する人も少なくありません。倉庫の利用には書類の用意など事前の行うべきことがいくつかあります。まず基本となるのが契約者本人の身元が確認できる書類です。倉庫は預けられる荷物の種類などいくつかの条件が設けられています。本人確認の書類は万が一トラブルが起きた時にスムーズに対処できるようにするための物です。個人で契約する場合、免許証や健康保険証で問題ありませんが、必ず原本ではなくコピーを提出するようにしなくてはいけません。企業として契約をする時は商業登記簿謄本、金融機関に届け出をしている会社の実印などが必要です。

利用における審査の注意点

需要の増加に伴って倉庫を利用者は増えていますが、業者は誰にでも貸し出しをするわけではありません。契約者が危険物や法律に違反している物を倉庫に保管した場合、連帯責任として業者も処罰の対象となることがあります。こうしたトラブルを避けるために、提出された書類を基に審査を行って契約の判断をするのです。通常であれば問題なく審査には通りますが、極稀に落とされてしまうケースもあります。審査落ちで考えられる理由は年齢と過去の利用歴です。倉庫の契約者は成人以上となるため、名義人が未成年だった場合には審査は通りません。過去に別の業者と契約をして倉庫を利用した時に費用の滞納を始めとしたトラブルを起こしてブラックリストに載っている人も審査落ちの対象です。

物流とは物の流れであり、例えば企業が扱う商品を消費者へ届けることを意味しています。ただ物を運ぶだけではなく、管理や保管など様々な工程も含まれているのです。

Related Posts

© 2021 Services Automation - All Rights Reserved.